• ホーム
  • ザイザルと母乳とフェキソフェナジンについて

ザイザルと母乳とフェキソフェナジンについて

目がかゆい女性

花粉次期が到来をしたら、鼻炎はザイザルでい気に抑えることができます。
ヒスタミンH1受容体拮抗薬のフェキソフェナジンも、花粉によるアレルギー性鼻炎に対応をします。
フェキソフェナジン服用における副作用につきましては、めまいや冷や汗に息切れ、意識が薄れたり判断力の低下や、血の気が引くなどの症状を感じることもあります。
不調を感じましたら、服用はやめましょう。

母乳育児のために、体に良いものを食べることも大切になります。
母乳は血液から作られているものです。
そのため大切になってきますのは、血液の量を増加させることです。
血液の量を増やし、その質を高める必要があります。
出産をして育児に大忙しにはなりますが、食事メニューには水分も多めの献立を選ぶことです。

朝食では、野菜ジュースを飲んだり、豆乳とバナナのスムージーなどもいいでしょう。
ランチや夕食には、ポトフや味噌汁など、野菜をたっぷりと取れるメニューで、水分も取りましょう。

女性が授乳をしている期間の栄養摂取量は、いつもの時よりも少し高めになります。
そのため、タンパク質や鉄分も十分に摂取をしないとなりません。
貧血気味である人などは、より意識して食事には、鉄分とタンパク質量を増やすことです。

鉄分の宝庫でもある牡蠣をはじめ、レバーやほうれん草に小松菜なども、献立に入れるようにしましょう。
あまり食べ過ぎない程度に、牛乳や卵も使うことです。
栄養チャージにサプリメントを思い浮かべるでしょうが、サプリは人工的な健康食品であることには違いないので、できるだけ天然の食材を赤ちゃんのためにも食べるようにすることです。

関連記事