公開履歴
    多様な錠剤と瓶

    花粉症によるアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹、皮膚のかゆみなど、花粉を中心してハウスダストで起こる過敏症状を抑える薬として病院で処方されるザイザルがあります。
    ザイザルの効果は有効成分がアレルギー症状を引き起こす化学物質ヒスタミンの遊離および受容体への結合を阻止し、体の各部位で起こる諸症状を抑えます。
    ザイザルの抗ヒスタミン薬としての効果は高く、それでいて眠気などの副作用が少ないことから病院では花粉症の患者に処方することが多くなっているようです。
    抗ヒスタミン薬とは言え、服用してから効果があらわれるまでの時間、血中濃度半減期などは飲む薬によって異なり、状況によって使い分けることになります。

    薬によっては服用から2~3時間、効果が持続するのが8時間程度など様々ですが、ザイザルは1時間ほどで効果が発現し、ほぼ1日にわたって効果が持続するようになっています。
    抗ヒスタミン薬の中で即効性に優れていて、花粉に襲われた時でも頓服として利用できるのは心強い味方と言えます。
    また、丸1日も効果が持続するのであれば1回の服用で済むため、副作用のリスクも低減され使い勝手の良い薬となります。

    個人差もありますが、長い時には36時間にわたってもアレルギー症状を抑える効果が続いていることもあり、長期的な使用にも耐えうる飲み薬になっています。
    このことから病院では処方する抗ヒスタミン薬の中で、ザイザルを第一選択として考えるのも不思議ではないでしょう。
    1日1回で24時間以上の効果が続くのであれば、服用するタイミングが就寝前であっても翌日の朝からすっきりと起きることができます。

    仕事中でも花粉やハウスダストに悩まされることがなくなるので、通常通りの勤務ができるのは大きなメリットと言えます。
    また人によってはザイザルを服用しても眠気が強く出てしまうという方もいらっしゃるようです。
    人によってはザイザルよりも眠気が出づらいので、どうしても花粉が気になるならジルテックを使うという選択も視野に入れるとよいでしょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    サイト内検索
    最近の投稿
      アーカイブ